照葉スマートタウン

コンセプト

Eco CO2ゼロを目指す、照葉スマートタウン

家族に、街に、未来に、社会問題を解決する新しい答えを。福岡市が掲げるコンセプト「CO2ゼロ」を実現する。

地球温暖化問題が深刻化する中、東日本大震災により新たなエネルギー問題が浮上し、安心安全を高めながら次世代へ引き継ぐことができる暮らしが今求められています。そこで積水ハウスをはじめ、九州住宅産業協会、トヨタ自動車グループなどが、豊富な経験値や技術力を駆使することで、現代社会の環境およびエネルギー問題を解決する新しい方向性として「照葉スマートタウン」を生み出しました。家庭の中でCO2排出量を抑え、「太陽光発電」や「燃料電池」により排出量分のエネルギーをつくることで、理論上CO2排出をゼロにするスマートハウスが、安心・快適な家族の暮らしを実現します。加えて、福岡市がコンセプトとして掲げる低炭素型都市のモデルとなる住環境づくりを推進。未来への期待を一身に集めて、九州初のスマートタウンがいよいよ始動します。

最先端技術や大学研究者との連携で目指すCO2排出ゼロ

「照葉スマートタウン」は、各住戸を次世代省エネ仕様によって断熱気密性を高め、最新の省エネ設備機器で省エネを徹底し、太陽光発電や燃料電池により自家発電を推進します。このように「省エネ」と「創エネ」の技術を組み合わせた相乗効果でCO2ゼロを実現するスマートハウスを全戸に導入。さらに、計画の段階での風環境シミュレーション結果を踏まえ“風の流れをつくる”住戸プランニングを実践。街づくりでは、ヒートアイランド対策として「打ち水効果」を利用した保水性舗装を施すこと、また街路や庭に夏の日差しの90%を遮る落葉広葉樹を数多く植栽することなど、環境配慮においてさまざまな知恵が生かされています。

照葉スマートタウン「自然と共に暮らす」 そのコンセプトは、家づくりにも活かされています。

エネルギーを効率的に使って、年間光熱費を削減し、ワンランク上の断熱性能と先進の省エネ設備で消費エネルギーをさらに削減。また、太陽光発電などの「創エネ設備」により、これまで以上に快適な生活をしながら、エネルギー収支を「ゼロ」にする未来を先取りした住まいをご提案いたします。

※「一般的な住宅」は、1990年に建っていた旧省エネルギー断熱基準相当の木造住宅を想定しています。 ※太陽光発電による発電量は、NEDO「全国日射量平均値データマップ(MONSOLA-11)に基づいています。建物方位・立地・気象条件等により減少する場合があります。 ※理想的な給湯・電力消費パターンでの試算であり、家族構成・住まい方によってその効果は変化します。 ※光熱費は、2016年4月時点の電気・ガス単価(燃料調整費・再エネ賦課金等・消費税8%込み)で計算しています(一部ガス会社を除く)。 ※二酸化炭素排出量の計算は環境省「自主参加型国内排出取引制度」モニタリング・報告ガイドラインver.2.0に基づいています。