照葉スマートタウン

ブログ

夏場の水やり

2018.07.27

  こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

連日非常に暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

アイランドシティには非常に多くの植栽が植えてありますが、この時期は植物が枯れやすい時期でもあります。

 

今回は夏場の水やりのポイントをご紹介します。

①1日2回朝と夕方にする。

夏場は気温が高く、日中に水やりをすると、土中の温度が上昇し、植物の根が傷む事があります。

この為、涼しい時間帯に水やりをする事が基本です。

 

②水やりはたっぷりする

水の量が少ないと、根まで水が届く前に水分が蒸発してしまいます。特に気温が高いこの時期は水を多めにあげて下さい。

樹木などの大きな植栽には特に多くあげて下さい。目安は水たまりができる位です。

 

③根元の土に直接かけてあげる

葉や花が生い茂っている植物の場合はついついその上から水をやりがちです。しかし、この方法は育てる植物によっては注意が必要です。なぜなら花や葉に水がかかると萎んでしまったり、枯れてしまう植物も中にはあるからです。また花や葉の上から水やりを行うと水分が弾かれてしまい、肝心の土にまで水が十分に届かない可能性もあります。水やりを行う時は手で葉や花をよけながら、植物の根元にしっかりと水やりを行うようにしましょう。

 

植物はちゃんと管理をするとしっかりと育ってくれます。

こちらの写真は、6月に行われた一人一花運動で植えられたお花です。

毎日水やりをする事で、炎天下の中でもしっかりと花を咲かせています。

 

夏場は人も暑いですが、植物も暑いようです。ご自宅の植物にもお水をあげてくださいね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました(*^_^*)

次回更新もご覧いただければ幸いです。

 

照葉パビリオン スタッフ